【WordPress】ブログ記事に「見出し」や「目次」って必要?効果と設定方法について

こんにちは!@ぽんぽちです!

 

ブログ運営、始めたばかりだと設定することが多くて大変ですよね。

今回は、「見出し」「目次」の必要性と設定方法をご紹介します。

 

 

見出しは必要?

 

記事に見出しをつける効果としては、次の2つが挙げられます。

  • 探している情報が見やすいページ作り
  • 検索結果で上位に表示されやすくなる

 

探している情報が見やすいページ作り

読みやすいデザインになるというのが一番の効果です。

見出しを正しく活用することで、メリハリがあって読みやすい記事になります。

 

自分が読者として他のブログを見ている際に、

一字一句取りこぼさないよう丁寧に見ることは少ないと思います。

つまり、流し読みされる前提で、目に留まる見出しをつけることで

平均滞在時間の向上にも繋がります。

 

検索結果で上位に表示されやすくなる

読者がどのような検索ワードであなたの記事を見に来るかを考え、

そのワードを含めた簡潔な見出しをつけましょう。

検索エンジンに対して適切な情報を提供することができます。

 

 

スポンサーリンク

見出しの設定とルール

では、実際に設定してみましょう。

 

見出しの設定方法

設定方法はとっても簡単!

WordPressの投稿ページ、「段落」という表示をクリックします。

すると、見出し1~6まで選択できるようになります。

 

見出しのルール

見出しにはルールがあります。

ルールを守らないと、SEO対策のつもりが逆効果になってしまいますので注意しましょう。

 

見出し1は使わない

見出しの番号は小さい数字ほど重要なものという扱いになります。

見出し1はその記事のタイトルに使用されます。

タイトルほどの重要度のものが本文中にあってはいけません。

本文の大見出しには見出し2を使用しましょう。

 

順序を守る

例えば、1つの記事の文章が「起・承・転・結」の4ブロックで構成されていたとします。

「起」ブロックの先頭に見出し3をつけ、

その後に見出し2を使用するのは間違いです。

 

先ほど紹介したとおり、見出しの番号はそれぞれ重要度を意味しています。

小さい見出しの後に大きな見出しがあるのは違和感がありますよね。

 

見出しをつける際は、

このようなツリー型になるよう心がけましょう。

意識して記事を書くと自然と身に付きます。

 

 

スポンサーリンク

目次について

さて、見出しの設定ができるようになったら、

次はもう一つのSEO対策目次を設定してみましょう。

 

目次とは

ブログ記事の上部に見かける、その記事の見出しをまとめたもの目次です。

こちらがこの記事の目次。

それぞれクリックするとその見出しの部分にジャンプすることができます。

 

 

目次の効果は?

目次を設定することで、

読者はどこに何が書かれているのかひと目でわかるようになり、

ユーザビリティ向上します。

 

ユーザビリティが向上するということは、

検索エンジンからの評価が高まリ、SEO効果も高くなります。

 

目次を設定してみよう

 

目次は、一度プラグインを入れて設定してしまえば、

あとは自動で生成することができます。

この際なので一気に設定して、SEO対策を徹底しましょう。

 

プラグイン「Table of Contents Plus」をインストール

まずはWordPressのサイドバー、プラグインから新規追加を選びます。

 

検索窓に「Table of Contents Plus」と入力して、

右の「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストール完了後、「有効化」をクリックします。

 

次に、インストール済のプラグイン一覧のページから、「設定」をクリックします。

 

すると詳細を設定することができます。

まずは、以下の通りに設定してみましょう。

 

 

ここまで設定したらOK!

これで、

〈記事に「見出し2」が2つ以上あった場合、「見出し2」だけを目次として記事上部に表示する〉

という設定になりました。

 

あとは、ルール通りに記事を書けば、

自動で目次が生成されます。

 

上級者向け設定欄で、見出し3以下も目次に表示することができます。

私は目次が多くなると見づらいので見出し2のみにしていますが、

いろいろと変更して試してみることをオススメします。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

見出しの設定は、記事をたくさん投稿した後に修正するのは大変です。

はじめのうちから、見出しをつける癖をつけましょう。

 

見出し、目次を有効活用して、訪問者増加を目指しましょう!