【宮城・鎌先温泉】お客様の声大賞東北第一位!「湯主一條」に泊まる

こんにちは!@ぽんぽちです!

今回は、500年以上の歴史を持つ老舗旅館

湯主一條に泊まってきたのでご紹介します!

 

チェックイン

鎌先温泉は仙台市から車で1時間もかからず、

アクセスの良さもあって人気の温泉街です。

 

温泉街が近づくと、辺りには紫陽花がたくさん咲いていました。

いい季節に来ることができて、チェックイン前から幸せな気分です。

 

温泉街入り口にある湯主一條の駐車場に車を停めると、

スタッフの方が待っていてくださいました。

お迎えの車に乗り、狭くて急な登り坂を進んでいくと、

日常から離れていく感覚になります。

旅館に着くとロビーに通され、

まずはお茶とお茶請け (ずんだ餅!!) をゆったりいただきます。

記帳も、このロビーで座ったままできます。

お部屋に着く前に、浴衣のサイズを選びます。

女性は別料金で、カラフルな色浴衣をチョイスできるのも嬉しいポイント。

 

お部屋からの景色。

向こうに見える建物は、宮大工によって釘を全く使用せずに建てられた本館。

お食事はこちらの本館でいただきます。

木と銅でできた流しがいい雰囲気です。

 

お部屋には、多言語に対応したiPadが置いてありました。

歴史ある旅館こそ、インバウンドのお客さんにもしっかりおもてなしできています。

 

スポンサーリンク

館内の様子

夕食前に、少し館内を散策してみます。

いたるところに草花があり、とっても癒やされます。

ロビーは、夜にはラウンジバーとして営業。

昼間とは違った雰囲気を醸し出します。

エントランス付近。

おしゃれな琉球畳。

本館に明かりが灯り、幻想的な雰囲気になりました。

そろそろ夕食の時間です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です