咳をするとあばらが痛い!もしかして肋骨にヒビ?疲労骨折?本当の原因は【肋間筋損傷】かも!





こんにちは!@ぽんぽちです!

 

風邪を引いて、何日もが続いた後、

肋骨のあたりが痛む、場合によっては激痛が走ることがあります。

もしかしたらその症状、「肋間筋損傷」かもしれません。

今回は、肋間筋損傷の症状治療法について詳しくご紹介します。

 

肋間筋とは

「肋間筋」は、肋骨の間に張っている筋肉です。

「外肋間筋」と「内肋間筋」があり、それぞれ肋骨を上げ下げします。

その運動により胸郭が動くことで、呼吸をすることができます。

また、内蔵を守る役割も担っています。

 

スポンサーリンク

肋間筋損傷とは

運動激しい咳などによって強い力がかかり、

肋間筋が重度の筋肉痛、もしくは肉離れを起こしている状態です。

 

スポンサーリンク

肋間筋損傷の症状

呼吸時くしゃみをしたとき、笑ったとき、

また体勢を変える際などに激しい痛みがおこります。

横になっている時も圧迫されると激痛が走ります。

深い呼吸ができないため、呼吸が苦しい場合があります。

また、痛む箇所を庇い、腰痛足の痛みなどを発症するケースも見られます。

 

治療について

肋間筋損傷と診断された場合すぐに完治することは難しく

痛み止め湿布が処方されることが多いです。

徐々に痛みは引きますが、治るまでは1ヶ月以上を要する場合があります。

安静にすることが必要ですが、日常生活で痛みが伴う場合は

コルセットサポーターの着用をおすすめします。

 

治りかけの際の注意点

痛みが少しずつ引いてきた頃に、

患部が凝り固まっているような違和感を覚えることがあります。

筋肉が修復している途中段階の固くなっている状態であり、

この時点で強い力がかかると再度肉離れを起こしてしまいます

痛みが引いてもしばらくは、激しい運動は控え安静にしましょう。

 

痛みがひどい場合

咳が原因で肋骨が疲労骨折するケースも見られます。

日常生活に支障が出るほど痛みがひどい場合は早めに医療機関を受診し、

レントゲンを撮り、肋骨が折れていないかヒビが入っていないか

確認することをおすすめします。

 

まとめ

あなたの症状は該当しましたか?

 

肋骨は疲労骨折の場合でもボルトによる固定ができないので、

肋間筋損傷と同様に痛み止めや湿布での対処となります。

しかし、日常生活を送っていく以上、

症状を正確に把握することは大切です。

 

また、肋骨の痛みとともに咳が引かない場合は、

睡眠不足に繋がってしまいますので

医師に相談し、咳止め薬も処方してもらいましょう。

 

損傷した筋肉になるべく負担をかけないように、

安静に過ごすことを心がけてください。

早めの受診で完治を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です