盛岡冷麺発祥の店〈食道園〉焼肉を生卵につける!?

こんにちは!@ぽんぽちです!

 

皆さんは「冷麺」好きですか?

今回は、盛岡冷麺発祥の店「食道園」に行ってきました!

こちらのお店、冷麺はもちろんのこと、

変わった食べ方をする焼肉も話題なんです!

 

そもそも「盛岡冷麺」って?

盛岡冷麺は、わんこそば、じゃじゃ麺と並ぶ

「盛岡の三大麺」のひとつです。

不当表示の防止を目的とした「特産・名産麺料理10品目」に、

さぬきうどん札幌ラーメン等とともに登録されています。

“本場”として認定されている、確立した名産ブランドというわけです!

 

スポンサーリンク

盛岡冷麺発祥の店「食道園」

そんな盛岡冷麺の「発祥の店」食道園に到着!

場所は盛岡駅から徒歩15分ほど、

大通りから一本入ったあたりにあります。

 

とっても人気のお店で、

休日のお昼なんかは必ず行列ができるので、

わたしは毎回開店前から並ぶか、

ランチタイムが過ぎた頃に行くようにしています。

さっそく注文!

まずはお肉から。

やっぱり冷麺は、焼肉のシメとして食べたいのです!

美味しそうなカルビが運ばれてきました!

こちらがカルビセット1,500円。

カルビ単品だと1,250円です。

セットだとスープカクテキまでついてくるのが嬉しい!

ジュージュー焼いていきます!

カルビは特製のタレに漬け込まれているので、

焼くとなんとも食欲をそそる香りが充満します。

すっごく柔らかいお肉と、特製ダレが最高です!!

ご飯にもよく合います。

しかしこのカルビ、そのまま食べて終わりではないんです!

そう、食道園一番の特徴は、

カルビを溶いた生卵につけて、

すき焼き風にいただけるというところ!

まろやかな味わいになり、なんだか幸せな気分になる美味しさ。

この「食道園流」の食べ方、必ずクセになります。

家でやってみようとしても、

やっぱりこの柔らかいカルビと特製ダレは再現できません!

 

そして更に…実はもうひとつ、いけない食べ方がありまして…

カルビを食べ終わり、タレが染み渡った溶き卵を…

ご飯にどーんとかけちゃいます!!

世界一贅沢な、たまごかけご飯の完成です!

ぜひ一度体感してほしいです!

 

さて、カルビセットを十分すぎるほど味わったら、

お待ちかね、冷麺の登場です!

こちらは「別辛」です。

スープ本来の美味しさを味わえるのでオススメの食べ方です。

こちらは「特辛」

普通の4倍の辛さで、別辛とは違い、辛みが入った状態で提供されます。

盛岡冷麺にありがちな、スイカなどの果物の付け合わせは、

この発祥の店にはありません。

シンプルな具材とかなりの弾力のある麺がたまりません!

スープも牛ベースでコクと甘みがあり、ココでしか味わえない美味しさ!

盛岡冷麺といったら食道園というファンが多いのも頷けます。

お酢をたっぷり掛けると、よりいっそうさっぱりと美味しくなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

生卵でいただくカルビと、盛岡冷麺原点の味。

一度でふたつ楽しめる、贅沢すぎるお店です!

本当に人気店で予約もできないなので、

お昼時には行列に並ぶ覚悟が必要ですが、

並んででも食べる価値があるお店です!

盛岡に来た際には絶対に味わってください!

 

食道園(食べログ)

営業時間:[月~土]11:30~15:30・17:00~24:00
[日・祝]11:30~15:30・17:00~22:00

定休日:第1・第3火曜日

お問い合わせ:019-651-4590

住所: 岩手県盛岡市大通1-8-2